top of page
リリース_page-0001.jpg

私たちが、つなげたい こと

透過.png

つの“つなげる”で をつなぐ

興味につなげる

『ご当地キャラクターからの発信(アプローチ)で、より多くの興味関心を惹く』

小学生からタブレットやPCを活用する昨今、未就学児も親御さんの携帯端末を器用に

扱う姿をよく目にします。ゆるキャラ(さかサイ君)をアイキャッチにすることで

まず、お子さんに興味を持ってもらう。子供が興味あることに親も関心を持つもの。

『救命のこと』を家族で考える契機に​つなげたいと考えます。

体得につなげる

『あえて 救命講習 ”復習” アプリ にしたワケ』

興味関心を持ち『救命』(救命の連鎖やバイスタンダー)を知り理解することで

正しい知識や技術を学びたくなる向学心(学習意欲)を高め、受講への契機につなげる

実際の救命講習を経験していただくこと、いつでもアプリで救命手順を復習できることは

いざというときの冷静な対応につながると考えます。

安心につなげる

『もしものときの心の支えになるアプリに』

​日常に多く存在する心停止。救急搬送された心臓に起因する傷病者は82000件(令和3年度)

どこで心肺停止に遭遇してもおかしくありません、それが、大切な家族かもしれません。

もしもの時に備えておくことは、とても意義のある、大切なことです。

このサポートアプリが、救命活動をするうえで、不安な気持ちや焦りを少しでも緩和し

​安心につながる ”おまもり” のような 防災(サイ) ツール になれば幸いです。

bottom of page